サイトマップ

審査で有利になる人

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン、それに申し込むと審査がありますが、その審査項目は実にたくさんあります。その中でも比較的重要な項目に、収入があります。

 

特に消費者金融のキャッシングの場合、収入は大きな意味を持ちます。というのも、消費者金融のキャッシングには、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制がかかってしまうからです。

 

ですので、年収が450円の人であれば、150万円までしか借りることができません。一方で、銀行のカードローンであれば、収入に応じた規制というのは消費者金融ほど厳しくはありません。

 

とはいえ、収入がお金を借りる限度額を決めているのも確かです。もちろん、収入が多ければそれだけ借りられる限度額も多くなる、と考えるのが普通です。しかし、カードローンやキャッシングでは必ずしもそうなるとは限りません。

 

カードローンやキャッシングでは、収入の多さも重視しますが、それ以上に収入が継続して安定しているかどうかを重視しているのです。

 

例えば、毎年年収450万円の人と、ある年の年収が600万円で翌年の年収が100万円の人であれば、どちらも2年間合計の収入は700万円となりますが、審査で有利になるのは前者の人です。

 

ネット完結できずに無人契約機が必要になるのは

ネット完結ができるとして有名なカードローンですが、実際にはネットだけで完結できなくて無人契約機に行かされるケースが多くなっています。ネット完結できる場合と無人契約機に行かされる場合で違いが出てきているからこそ、なぜ無人契約機に行く必要性が出てきてしまうのかが気になります。

 

ではなぜ無人契約機に行く必要性が出てきてしまうのでしょうか。確実にそうなっていると言えませんが、大きな理由として即日融資を希望しているのかどうかによって違いが出てきます。

 

まず即日融資を可能とするためにも必要としているのが、ネット申込の場合には銀行が営業をしている時間帯に完結して振込をしなければなりません。しかしどのような状況でもそれが可能としているのかというとそれは違い、午後の申し込みになると非常に難しく、即日の融資ができません。

 

そこで利用して欲しいとしているのが無人契約機です。無人契約機ではその時にカードを発行して使えるようにしてくれますので、遅くても即日融資を可能としています。なのでよりお客様の要望を実現させるためにも無人契約機を利用して欲しいとしています。

 

どうしてもカードローン申し込みで無人契約機に行きたくないのなら、午前で早い時間で申し込みするのかそれとも融資自体急がないことが必要です。

 

無人契約機を使う素早い融資なら、むじんくんでお馴染みとなる即日借りれるアコムに注目です。